読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和泉聖書教会~Room of Izumi Bible Church ~

私たち和泉聖書教会は、聖書の言葉を正しく理解し、信仰に励んでいるプロテスタント教会です!こちらではインターネット奉仕係担当の信徒が次回礼拝予告やイベントの告知、コラムの掲載をしています‼

コラム『神の掟は人類の希望』

コラム

f:id:izumi-bible-church:20170120192007j:plain

 

こんにちは!こんばんは!

今回のコラムは『神の掟は人類の希望』です。

「掟」の紹介ではなく、「掟」を受け入れることで何が起こるかを見ていきます!

 

聖書にはストレートに今日のテーマが記されています。

 

詩編19章8∼9節
主の律法は完全で、魂を生き返らせ主の定めは真実で、無知な人に知恵を与える。
主の命令はまっすぐで、心に喜びを与え主の戒めは清らかで、目に光を与える。

 

4つにわけて見ていきましょう。

 

主の律法は完全で、魂を生き返らせ

これには2つの意味があります。

1つはこの世からの聖別

もう1つは肉体的な死から得る、永遠の魂

 

神さまを受け入れることは、じぶんをこの世から分けるということを意味します。

なぜならこの世は悪が支配しているからです。


ヨハネの手紙5章19節
わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。

 

聖いお方。天地創造の神さまとは無縁の世界、それが悪です。

聖いお方を知るということは、悪とは縁が切れるということです。

クリスチャンでない方も、聖書を読んだことがないかたでもこの聖書の言葉と現実社会の流れを見るといかに合致しているかわかるでしょう。

幸福理論書の役割のみならず、現実世界に起こっていることも聖書には記されています。

悪いことが起こり続けている中で我々の希望とは何でしょう?

「お金」?「衣服」?「哲学書」?

いいえ。

本当の「救世主」です。


エフェソの信徒への手紙2章14節
実に、キリストはわたしたちの平和であります。

 

ヨハネの手紙5章5節
だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。

 

これが答えです。

 

もう一つの永遠の魂とは神さまから、天国で与えられる永住権のことです。

 

 

主の定めは真実で、無知な人に知恵を与え

この世で自分が「知恵あるもの」だと自負している人間は、自分の都合に合わせ、人間の作った「定義」を普遍的な真理であると勘違いしているだけなのです。

「それはおかしい」と意見する方。

では人の有する「知恵」はすべてが真実なのだろうか。万人に通ずるものなのだろうか。争いを起こさない均等なものなのだろうか。

これらにすべてYesをつけられますか?

無理ですよね。

所詮は人間が考え出した浅い定義です。

本当に「真理・知恵」を求めたい方はぜひ聖書を読んでください。

そこには全てが記されています。

 

ローマの信徒への手紙10章14節
ところで、信じたことのない方を、どうして呼び求められよう。聞いたことのない方を、どうして信じられよう。

 

 

主の命令はまっすぐで、心に喜びを与え

あらゆる宗教の教典とされているもので、最も無誤な書物は「聖書」です。

むしろ聖書”だけ”といった方がいいかもしれないです。

それほど、内容が一貫し、かつ現実的なのです。

この箇所を解説する必要はありません。

あなた自身が聖書を読み、体で感じることです。

 

ローマの信徒への手紙1章16節
福音は、(~)神の力です。

 

一コリントの信徒への手紙
「目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、神は御自分を愛する者たちに準備された」

 

 

主の戒めは清らかで、目に光を与える。


ヨハネによる福音書13章34節
あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。

 

ヨハネによる福音書15章3~4節
わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。
わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。

 

エフェソの信徒への手紙4章7節
わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。

 

コロサイの信徒への手紙1章13節
御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移してくださいました。

 

一テサロニケの信徒への手紙4章7節
神がわたしたちを招かれたのは、汚れた生き方ではなく、聖なる生活をさせるためです。

 

世の闇・自分の闇でいま、目の前が覆い隠されている人はぜひ聖書を読んでみてください。

見たこともない光がさすでしょう。

わたしが述べ伝えるものではありません。

あなた”自身”で体験してみてください。

 

以上です!

 

今日、この御言葉を通して一人でも多くの方が聖書・キリスト教・教会に結ばれることをお祈りします。

 

心からの平安をあなたに!

 

気になった方、質問のある方はぜひご連絡を(*´з`)

 

では!(*^^)v