読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和泉聖書教会~Room of Izumi Bible Church ~

私たち和泉聖書教会は、聖書の言葉を正しく理解し、信仰に励んでいるプロテスタント教会です!こちらではインターネット奉仕係担当の信徒が次回礼拝予告やイベントの告知、コラムの掲載をしています‼

コラム『逆境からうまれる不安の対処法』

コラム

f:id:izumi-bible-church:20170112235429j:plain

 

こんにちは!こんばんは!

今回のコラムは『逆境からうまれる不安の対処法』

聖書の言葉から私たちがいかに過ごすべきかを学んでいきましょう!

 

「順調」

この言葉の意味はわかりますよね。

良い調子が続いている。

 

「逆境」

この言葉の意味もわかります。

自分の意に反して壁が立ちふさがっている状態ですね。

 

逆境にあたったとき、みなさんいろんな対処法を用いて退けると思います。

しかし、初めは共通してある感情が芽生えると思います。

それは

「不安」

です。

そりゃそうです。

行こうとしていた道がふさがれ先が見えなくなったのですから。

「不安」というのは先が見えない時に起こる感情です。

ここに固執しすぎてなかなかいろんなことにチャレンジできない人もいるんじゃないでしょうか?

ではどのようにその感情と向き合えばよいのか。

そんな時にこの御言葉を覚えておいてほしいです。

 

コヘレトの言葉7章14節
順境には楽しめ、逆境にはこう考えよ/人が未来について無知であるようにと/神はこの両者を併せ造られた、と。

 

「逆境にはこう考えよ、人が未来について無知であるようにと」

これなんです。

いくら

「逆境にあたった。この先が不安だ」

と思っても先を見ることができません。

この言葉通り、人は未来についてまったくの無知だからです。

なぜならその先の道を造るのは自分自身だからです。

ポジティブな人もネガティブな人も、科学者でも博士でも未来が見えないのはみんな同じです。

まず知ることができないのだから。

当然です。その未来を造るのは自分自身なのだから。

 

明るくするのも暗くするのも自分次第。

ぜひ逆境にぶつかったときは前向きに考えてみてください。

 

以上です!

この考え方はわたしの哲学でもなんでもありません。

「聖書」から学んだ言葉です。

神の言葉は本当に人を勇気づけることができます。

もしお持ちでない方は一度手に取って読んでみてください。

あなたと神さまの素晴らしい出会いを楽しみにしています!

読んでくださった方、感謝します(^O^)/

 

では(*^^)v