読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和泉聖書教会~Room of Izumi Bible Church ~

私たち和泉聖書教会は、聖書の言葉を正しく理解し、信仰に励んでいるプロテスタント教会です!こちらではインターネット奉仕係担当の信徒が次回礼拝予告やイベントの告知、コラムの掲載をしています‼

コラム『聖書を読もう!』

コラム

f:id:izumi-bible-church:20161213220232j:plain

 

今回のコラムは『聖書を読もう!』

皆さん、聖書って聞くとどんなイメージがありますか?

「難しそう」「ファンタジ―がたくさんありそう」「呪文かなにかが. . .」

こんなイメージありませんか?

私(信徒)はこうでした。

難しそうなイメージでした。

では実際どうなのかというと私から見ると、

「人生の答えを与えてくれる最高の書物

です。

かの大伝道師、牧師のビリー・グラハムは、

「世界のベストセラー」(これは彼の見解ではなくギネスにも登録されてる記録です)

「深遠な知恵、韻文の美しさ、歴史と預言の正確さにおいて、これに匹敵し得る書物は他に一冊もない。」

「われわれのごう慢や偏見、失敗や屈辱、罪や悲しみを映し出す鏡のようである。」(一部改変)

と言っています。

つまり人生における大切な「メッセージ集」でもあるんですね。

では実際にどういうことが書かれているのか、一部ご紹介したいと思います。

 

伝道者の書7章14節

順境には楽しめ、

逆境にはこう考えよ

人が未来について無知であるようにと

神はこの両者を併せて作られた、と。

 

マタイによる福音書15章10節

口に入るものは人を汚さず、

口から出て来るものが

人を汚すのである。

 

ルカによる福音書6章41節

あなたは、兄弟の目の中にあるおが屑は見えるのに、

なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。

 

エペソ人への手紙4章13節

わたしたちは皆、

神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、

成熟した人間になり、キリストの満ち溢れる豊かさになるまで成長するのです。

 

ピリピ人への手紙2章3節

何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。

 

テモテへの手紙2章4‐5節

神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられます。神は唯一であり、神と人との間の仲介者も、人であるキリスト・イエスただおひとりなのです。

 

いかかでしょうか?これらはほんのわずかです。

あなたが何か疑問を持った時に、あらゆる答えが書いています。

一冊600円ほどから販売されています。ぜひ、家庭に一冊、信仰の有無にかかわらず、お持ちになることをオススメします。

なお、和泉聖書教会では水曜日午前10:00から「聖書を学ぶ会」を行っています。

また牧師とマンツーマンで学ぶ「聖書入門クラス」もございます。

(詳しくはこちらをご覧ください

http://izumi-bible-church.com/info.html)

あなたが聖書を読むきっかけになれば幸いです。

では!(^^)/